Pod Security Admissionの紹介

enechainではインフラ基盤としてGKEを採用しています。SREデスクのセキュリティに関する取り組みの一例としてPod Security Admissionについて紹介します。

FigmaのVariables活用入門: ダークモードの効率的な作成と管理

Figmaの新機能Variablesのおかげでダークモードをデザイナーが扱うのはとても容易になりました。ダークモード記事シリーズ第2弾として、Variables機能を使ってダークモードを作り、管理する実際の流れを紹介していきたいと思います。

CTOの仕事:情熱とカルチャーについて

enechainのCTOに就任してから、Tech組織のカルチャー醸成に向けて様々な取り組みをおこなってきました。OKR合宿の中で実施したキャリアキーノートの発表を始めとして、印象的だった出来事についてお話します。

リッチテキストエディタの概念と採用したEditor.jsの話

eCompass のレポートの入稿で採用したブロックスタイルエディタのeditor.jsと、社内の帳票テンプレート生成エディタで作成した独自エディタについての話をします。

enechain Tech Blogのはてなブログ移行と運用改善

enechain Tech Blogでは、blogsyncを使って記事のGitHub管理を行っています。今回の記事では、CI上での記事公開の自動化とCloudinaryを使った画像管理やOGP作成について紹介します。

ワークフロー、タスクで見るか?データで見るか?

この記事は enechain Advent Calendar 2023 の22日目の記事です。 はじめに 現行のデータパイプライン 現状の課題 課題解決へのアプローチ 1. 処理の依存関係視覚化問題への対応 2. 処理とデータの関係性問題への対応 3. データリネージ問題への対応 Task-ce…

GoでGraceful ShutdownをFxを用いて実現する

サーバーアプリケーションのGraceful Shutdownを実装する上でGoのDIライブラリであるFxを用いているサービスがいくつかあり、今回の記事ではGraceful Shutdownについて説明し、Fxを用いた実装を紹介します。

GCPもマニフェストで管理!Config Connectorの真価とは

Kubernetes マニフェストで GCP リソースを管理できる Config Connector について実例を交えて特徴やメリットを紹介します。

全社的にGoのロガーをslogに移行した話

enechainでslogを導入する際にログフォーマットの共通化やマスキング処理などといった課題にどう対応していったのかをご紹介します。

ダークモードを巡るあれこれ:ダークモードの明るい未来

2023年、ダークモードに取り組む環境は以前にも増して充実し、前進してきています。ダークモードに取り組むデザイナーの一人としてあらためてリサーチし、考察したあれこれをまとめ、その未来を妄想します。

経験が裏目に?!大手IT企業出身PdMが3カ月で学んだこと

大手IT企業出身のPdMがenechainに入社して学んだこととは?過去の経験を元に動いたら、失敗してしまった!PdMの役割はフェーズやプロダクトによって異なることを改めて認識。enechainで学んだ3つのことについて紹介します!

sqlcで使うDBドライバをpqからpgx/v5に移行した話

Go

enechainのeSquareチームでは、GoでのDBクエリにsqlcを活用しています。今回の記事では、そのPostgreSQLドライバをpqからpgx v5に移行するにあたっての工夫を紹介します。

なぜ我々はデザインシステムを創るのか?

enechainではプロダクトの共通基盤としてデザインシステムを使用しています。今回の記事では、デザインシステムがなぜ必要だったのか、どのように作り始められて、現状どうなっているのかをお伝えします。

BigQuery Emulatorの活用例、直面した問題の紹介とその解決アプローチ

eScanではローカルの開発とテストのためにBigQuery Emulatorを利用しています。eScanでの活用方法やBigQuery Emulatorを活用していく中で得た知見を紹介します。

NestJSで作るバッチシステムとアーキテクチャの遍歴

eScanのNestJS製のバッチシステムがどのように生まれ、現在のディレクトリ構成やアーキテクチャに至ったのか、当時の状況を振り返りながら紹介します。