デザインシステムの開発者体験向上の試み

enechainではさまざまな開発者体験向上の取り組みが試行されていますが、デザインシステムでは開発者体験を向上させるためにどのような試みをしているかを紹介します。

チームトポロジーの観点で見直すプラットフォーム開発組織

enechainでは、チームトポロジーの考え方を参考にSREチーム/Platform Engineeringチームの役割を見直しました。その経緯や効果についてお話します。

NetworkPolicyでtrafficを制御しよう

enechainではインフラ基盤としてGKEを採用しています。SREデスクのセキュリティに関する取り組みの一例としてNetworkPolicyについて紹介します。

2年間を振り返って考える、EMの役割について

enechainでEMになってからの2年間を振り返って考えるEMの役割、enechainならではの難しさや求められるEM像についてお話します。

GoでgRPCのAPIテスト環境を構築する

Goで作られたgRPCのAPIをどのようにテストしているかを実例を用いながら紹介します。

タスクとパラメータの一元管理で実現するMLOps

機械学習モデルの構築・運用を効率化するために作成した、Pythonのタスクランナーinvokeとパラメータ管理ツールhydraを統合したシステムを紹介します。

データパイプラインをArgo Workflowsに移行した話

enechainのデータプラットフォームデスクが開発運用するETLデータパイプラインをArgo Workflowsに移行した過程を解説。Datadogで行うArgo Workflowsのモニタリングについて詳細を紹介します。

bigframes.pandasを使った計算処理の検討

enechainではリスク計算の基盤としてBigQueryを使っています。しかし、テスタビリティやモジュール化、クエリやテーブルの依存関係の管理に課題があります。そこでbigframes.pandasを検証し、実運用を想定した検討をしました。

BigQueryを使ったロジックのテストについて

BigQueryを使ったロジックをどのようにテストしているか、コア部分にBigQueryを採用しているenechainのリスク管理ツール「eScan」での実践例を紹介します。

マイクロサービスを量産するための技術基盤

はじめに Instant Universe Project とは プロジェクト発足の技術的背景 実装 最初に描いた全体フロー 生成するインフラ構成 Terraformの自動生成 Kubernetes manifestの自動生成 ボイラープレート この先の実装予定 終わりに はじめに こんにちは、enechain…

GCPでAuth0の自己管理証明書を使ったカスタムドメインを設定する

enechainではユーザ認証にAuth0を利用しています。ここではGCPを利用してAuth0のCustom domainを設定する方法を紹介します。この設定により、3rd Party Cookieに関する問題を解決し、ユーザ認証プロセスをよりセキュアで信頼性の高いものにします。

GCPで外部データを取得するForward Proxyサーバの構築

enechainではGKE上で稼働しているeCompassというプロダクトで外部データを取得しています。ここでは、GCPのCompute EngineでProxy Serverを構築してアクセス元IPアドレスを変更する方法を紹介します。

Pod Security Admissionの紹介

enechainではインフラ基盤としてGKEを採用しています。SREデスクのセキュリティに関する取り組みの一例としてPod Security Admissionについて紹介します。

FigmaのVariables活用入門: ダークモードの効率的な作成と管理

Figmaの新機能Variablesのおかげでダークモードをデザイナーが扱うのはとても容易になりました。ダークモード記事シリーズ第2弾として、Variables機能を使ってダークモードを作り、管理する実際の流れを紹介していきたいと思います。

CTOの仕事:情熱とカルチャーについて

enechainのCTOに就任してから、Tech組織のカルチャー醸成に向けて様々な取り組みをおこなってきました。OKR合宿の中で実施したキャリアキーノートの発表を始めとして、印象的だった出来事についてお話します。